Qoo10│インドネシアでは何が人気?

   

日本の倍近い人口を誇るインドネシアで実際に売れているものを調査

世界中でインターネットが普及し、国境を越えたECも拡大し続けています。アジアでは、地域で格差はあるものの、経済発展が著しい中国がやはり目立ちます。来日した際に、たくさんのものを買い占める「爆買い」は、一時期流行語にもノミネートされるほど、強い印象を植え付けました。気になるところではありますが、今回はここではなく、実は今とても勢いのある、東南アジアに注目してみました。ECモールのQoo10は、インドネシアにも展開しています。

日本と同じようないくつかの島で構成されている国ですが、人口の規模は2倍ほどあります。「ここが違う」という点では、中でも若者の割合が高いことが挙げられます。ネットを活用しているというパーセンテージは他国とあまり変わらなくても、人数にすると大きな市場であることが分かります。親日国でもあり、日本製品だけを取り扱うサイトがあるほど、興味や関心がとても高いことも特徴となっています。そんな国のQoo10を参考に、いったい何が販売されているのかを調査しました。

Qoo10ランキングを見ると、ファッションのカテゴリーでは、シンプルな無地の洋服が多くランクインしていました。ゆとりのあるシルエットで、ゆったりと着られるものが多く、小物では、alibiのバッグが好評なようです。コスメでは、資生堂などの見慣れたものもありましたが、比較的、韓国ブランドのプチプラコスメが売れているように感じました。メンズでは、女性とは相対的に柄物のシャツなどが上位に並んでいます。向こうは通年を通して、気温が高いこともあり、サンダルやTシャツが人気となっているようです。他には、任天堂のゲーム機や、東芝製のUSBなどもありました。

結果としては、輸出面などの制限もあるのだとは思いますが、日用品や化粧品を中心に品質の良いものを求めているような傾向があるのではないかと感じました。Qoo10はどこのプラットフォームでも、日程は異なりますが月に1度、スーパーセールを実施しています。各国で様々なイベントを行い、楽しさを提供しているという特徴も、これからたくさんのユーザーをとりこにしていきそうです。

 - 未分類 ,